ニュース

【沖縄支店】「夏休みこどもプログラミング体験」開催しました!

夏休み期間中の去る8月13日(日)、20日(日)の2日間、那覇市IT創造館 にて「夏休みこどもプログラミング体験」を開催しました!

13日は小学3~4年生を対象に Scratch を、20日は小学5~6年生を対象に ビュートレーサー を、それぞれプログラミング体験してもらいました。

両日とも最初の1時間ほどはScratch、ビュートレーサーの授業を行ってある程度分かってもらい、2時間目は授業で行ったことに少し手を加えた課題を、考えてもらうことを主眼に置いて こども達にやってもらいました。

例えばScratchだと、1時間目にテキストにそって授業を行い、下のゲームを作ってもらいました。スペースキーを押してビルにぶつからないようによけていき、最後は赤いビルにタッチするとゴール、というゲームです(下3つの画面は、パソコンだとクリックしたら実際にゲームができます。スマホでは再生できないと思われます。ご了承ください)。

ゲーム「01_空をとぶよ!完成」

 

そのゲームを応用して、次々と土管が現れて間を通り抜け、赤ラインのゴールにタッチしたらゲームクリア、というゲームを、2時間目の課題で作ってもらいました。

ゲーム「02_ドカンをよけろ!完成」

 

この課題もクリアできた こども達には、下のゲーム課題も用意しました。上2つのゲームが右側からビルや土管がやってくるのに対し、下のゲームは、上から下へカベが下りてきて、スペースキーでジャンプしていたのをマウスの向きにボールがついていく設定にしてあります。

ゲーム「03_めいろをぬけろ!」

 

生まれて初めてのゲーム作り。いくつかの事をちゃんと覚えて理解できた こども達は、上の3つを簡単に作ってしまうから驚きです!

できない子、できる子、最初は差はあります。ただ、スタッフから指導してもらって、しっかりできるようになっていく様を見て、こども達すごいなぁ、と感心しきり。できなかったプログラムをちゃんと自分で考えて仕上げた時に、思わずガッツポーズをする女の子もいました。こちらもうれしくなってしまいました。

両日とも応募も多く、大変にぎわいました。

また、プログラミング学習の後はロボホンと触れ合ってもらう時間も取って、小さいけど最先端のロボットとAIを実感してもらいました。

こども達、大興奮の2日間でした!

分からないことがあったらスタッフが指導しました

 

20日のビュートレーサーの授業では課題が終わった こども達にこのようなオリジナルのカバーを作ってもらいました。

 

その様子がこちら 紙のオリジナル車体に色を塗ったり、シールなどを貼っているところです

 

写真がぼやけて分かりにくいですが、ロボホンのプロジェクターで授業中に撮った写真のスライドショーを行いました

 

ロボホン同士の対話の実演に、大いにわきました

 

全て終了したあと一人ずつロボホンに声で命令をしていろんな動作をさせました